• 2014.10.24
  • Comments Off on じいちゃんが言いたかったこと

じいちゃんが言いたかったこと

お盆の季節になると、ずいぶん昔に、弟と一緒におばあちゃんの家にお泊まりにいっていたときのことを思い出します。

その年は、じいちゃんが亡くなってからの初盆でした。

生前、じいちゃんは弟のことをよく可愛がっていて、一緒に畑につれていったり、ご飯の取り合いをしていました。

弟は、まだ小さくてじいちゃんが亡くなった事を気づいているのか怪しい年でした。

ばあちゃんと夕飯をたべて、テレビを見て、寝床に入りました。

しばらくして、夜中に弟が私を起こすんで起きました。

家が昔の家のため少しトイレが暗い事と離れにあるので、怖くて起こしたのかと思ったのです。
「トイレ?」と聞くと、「お姉ちゃんも、じいちゃんとお話ししようよ。
早く起きて、」と寝ぼけた私に言うんです。
やっと私が起きると、「あれ?じいちゃん?」と弟が探すんです。

そんなわけないじゃないと思うのですが、弟が強く本当だというので、心配したじいちゃんがお盆の時に孫のかおでも見に来たんでしょうか…
もちろん自分の子供である私の親も心配だったとおもいますが、弟がかわいくて仕方なかったんだと思います。

Related post

Comment are closed.
Return Top