• 2015.1.7
  • Comments Off on 父から聞かされた意外な本音

父から聞かされた意外な本音

私の父は真面目で厳格だったので、子供の頃はとても怖い存在でした。
悪戯好きでやんちゃだった私も、父の前で大人しい「良い子」でいました。

そんな私が、何故か父親参観日に限って槍玉にあげられました。
帰りのホームルーム、「誰々が何々をしたので悪いと思います」といった告げ口の時間です。
本当に不思議なことに、普段は全くないのに、何故かこの日に限って毎年のように槍玉に上げられました。
でも、叱られたことがないのです。
恐る恐る家に帰りましたが、父が怒っていたことは一度もありませんでした。

私が成人した後のことです。
たまたまその話が出たとき、父の口から意外な言葉をを聞かされました。
父は子供の頃から勉強一筋、県でトップの優等生だったそうです。
ですから、自分の息子が悪さしたりやんちゃしたり、元気に学校生活を楽しんでいるのが嬉しかったそうです。
父親参観で槍玉に上げられる私が、叱るどころか誇らしく思えたと言ってくれました。

どこか他人行儀のようなところがあった父との関係ですが、この話を聞いてからは何でも本音で語り合えるようになりました。

Related post

Comment are closed.
Return Top